無料「探しっくす」で希望の有料老人ホーム高齢者向け住宅の探し方

希望の老人ホームを探すなら「探しっくす」です。「探しっくす」とは、東証一部の日本調剤が運営する有料老人ホーム高齢者向け住宅の検索と一括資料請求ができる無料情報サイトです。

全国にある老人ホーム・高齢者向け住宅から希望にあった施設を見つけることができます。その施設の種類は様々で、認知症の方でも安心して生活できる有料老人ホームや高級感漂うワンランク上の高級物件など多岐にわたります。

地域と費用などを選んで検索ボタンをクリックするだけ希望の施設を探すことができるからたいへん人気の有料老人ホーム検索サイトです。

そこで、今回はる「探しっくす」で希望の有料老人ホーム・高齢者向け住宅の探し方をご紹介致します。
日本調剤が運営する「探しっくす」で希望の有料老人ホームの探し方

希望の施設の探し方

「探しっくす」は、地域や費用などご希望の条件に合った施設を無料で簡単に検索をすることができます。しかも!気になる施設はその場でチェックして、一度にまとめて資料請求をすることができます。

こちらが「探しっくす」の検索画面です。
地域と入居時の費用、または月額の費用を選択するだけでご希望の条件に合った施設を検索することができます。
「探しっくす」カンタン検索画面

気になる施設があれば、施設右上の「検討リストに追加」ボタンをクリック。のちほどまとめて資料請求できます。
気になる施設があれば「検討リスト」に入れて、のちほどまとめて資料請求できます。

希望の施設の検索が終わったら、検討リストの「まとめて資料請求(無料)」をクリックします。
「探しっくす」カンタン検索画面

見学予約か、資料請求だけ、またその両方を選択できますので、ご希望に沿ってチェックを入れます。
「探しっくす」カンタン検索画面

画面下にある「お名前」・「住所」・「電話番号」など、また、入居対象者様について、お差しつかえがない範囲で入力をして、送信するだけです。
「探しっくす」カンタン検索画面

 

特徴

「探しっくす」の特徴は、なんといっても!まとめて資料請求ができることです。簡単に希望条件にマッチした施設を検索できて、ボタンをクリックするだけで無料で資料が届きます。
そのほかの「探しっくす」の特徴もまとめましたのでご覧ください。

 探しやすくてカンタン検索・まとめて資料請求ができる
地域と入居時の費用・月額費用を入力するだけで、ご希望の条件に合った施設を簡単に探すことができます。また、気になる施設はその場でチェックして、一度にまとめて資料請求が可能です。しかも!無料だからお得なんです(^^♪

 わかりやすい・見やすい施設情報
施設の特徴・費用・施設概要・職員体制など基本情報はもちろん、特長やポイント・雰囲気がわかる写真など、豊富な情報が満載です。
こちらがカンタン検索結果の一例の特徴です。

特徴には、食事の情報からケアスタッフの情報・立地環境・レクリエーションの情報が分かりやすく掲載されています。

「探しっくす」は、わかりやすい・見やすい施設情報が満載

住居費・食費・施設運営費まで細かく掲載されています。

「探しっくす」は、わかりやすい・見やすい施設情報が満載

施設の状況を多くの写真から確認することができます。

「探しっくす」は、わかりやすい・見やすい施設情報が満載

利用者の受け入れが可能かどうかも一目で分かります。

「探しっくす」は、わかりやすい・見やすい施設情報が満載

 

 希望の施設を探すことができる

「探しっくす」では、多くのこだわり施設を探すことができます。
たとえば、このようなこだわり施設があります。
 高級物件
 認知症入居可
 医療ケアが充実
 大手事業者が運営

上質のサービスや設備・至上の食事などを極めた、高級感漂うワンランク上の住まいをお探しの方には高級物件がオススメです。
また、24時間看護体制・緊急時ケアなど専門ケアが充実している施設もあり、認知症の方でも安心して生活できる有料老人ホーム・高齢者住宅が見つかります。
運営の安定感や、快適なサービス・手厚いケア体制・ブランド力をお求めの場合は、大手事業者が運営する施設をご紹介致します。

また、介護付有料老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅・住宅型有料老人ホームなど施設の種類からも探すことができます。

 介護付有料老人ホーム
介護付有料老人ホームは、「特定施設入所者生活介護」の指定を受けた有料老人ホームです。介護や食事などのサービスを受けることができます。介護が必要になった場合もそのホームで生活しつづけることができますが、「自室で介護を受けられる」、「相部屋に移動する」などホームによって異なりますので、入居前に確認しましょう。

 サービス付高齢者向け住宅
サービス付高齢者向け住宅は、高齢者の生活を支援するサービスの付いたバリアフリー住宅です。トイレ・浴室・キッチン完備の居室などもあり、自宅のように悠々自適に生活することができます。入居費用を抑えつつ、いざという時にも安心して暮らせる“老後の住まい”として、近年注目を集めています。

 住宅型有料老人ホーム
住宅型有料老人ホームは、食事提供などの生活支援サービスを提供する有料老人ホームです。介護を受ける場合には、外部の介護サービス事業者を利用することができます。介護度が高くなり利用サービスが増えると、介護費用が高くなったり退去しなくてはならない場合もあります。

 高齢者向け住宅
高齢者向け住宅は、高齢者向けの賃貸住宅です。一般的な賃貸住宅同様に完全個室なため、自由に生活を送ることが可能です。有料老人ホームに比べ費用は低価格ですが、介護や生活支援サービスは別契約になるため、必要とするサービスをきちんと把握する必要があります。

 特別養護老人ホーム
特別養護老人ホームは、介護老人福祉施設とも呼ばれ、社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な施設です。寝たきりや認知症など比較的重度の方、緊急性の高い方の入居が優先となるため、入居待ちの方が非常に多く、入居までに早くて数ヶ月、長い場合だと10年ほどかかることもあります。

 

カンタン検索から資料請求までの流れ

カンタン検索から資料請求までの流れ

「探しっくす」のカンタン検索から資料請求までの流れをご紹介致します。

 カンタン検索
地域と入居時の費用、または月額の費用を選択し、ご希望の条件に合った施設を検索します。

 まとめて資料請求
気になる施設にチェックを入れて、そのまままとめて資料請求をします。

 資料をみながら検討
届いた資料でじっくり比較検討して、候補となった施設に実際に見学に行って確かめて見る。

候補となった施設には実際に足を運んで自分の目で確かめて見ましょう。また、その施設で働いている方からもお話しを聞いてみて検討することをオススメ致します。

 

こんな人にオススメ

「探しっくす」はこんな人にオススメです。
・有料老人ホーム・高齢者向け住宅を探している
・無料で複数の施設の資料が欲しい
・入居費用や月額費用がいくらなのか知りたい
・認知症でも入居できる施設を探している
・実家または、子供の近所の施設を探している

「探しっくす」は、地域と入居時の費用、または月額の費用を選択するだけでご希望の条件に合った施設を簡単に検索することができます。ですので、希望にあった地域や、費用の施設を見つけることができます。
しかも!介護付有料老人ホームをはじめサービス付高齢者向け住宅・住宅型有料老人ホームなど施設の種類からも探すことができます。
24時間看護がある施設や緊急時ケアなど専門ケアが充実している施設もあり、認知症の方でも安心して生活できる有料老人ホーム・高齢者住宅が見つかります。

 

よくある質問(Q&A)

有料老人ホーム・高齢者住宅などを利用する際の一般的なよくある質問(Q&A)をご紹介致します。

生活保護や低所得者でも入居できますか?
老人ホームへ入居するにあたり、ほとんどの方が年金や預貯金などをベースにして、月額費用を考慮して入居を決めます。しかし、毎月の年金受給額が10万円を切る世帯や、持ち家などの資産を保有していない高齢者も多くいるのが現実で、貧困世帯の最後のセーフティネットである生活保護を頼りに生活している世帯も多く存在します。 そのようななか、生活保護や低収入を理由に老人ホームへの入居を諦めている人もいるようですが、低所得者でも入所できる施設は存在します。 個人負担額が少ない特別養護老人ホーム(特養)が理想的かもしれませんが、地域によっては入居希望の待機人数が多く、しかも原則要介護度3以上の高齢者しか受け付けてくれません。 特養以外で低所得者でも入居できる候補で挙がるのが、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、認知症グループホームといった施設になります。生活保護者の受け入れについては、各事業者ともガイドラインを設けており、一切の受け入れが不可なところもあれば、人数に上限を設けて受け入れているところもあります。
見学から入居までどのくらいかかりますか?
家族・本人ともに納得のいく老人ホームが見つかった場合、申込みから入居までの流れは、「申込み」・「必要書類の準備・提出」・「面談、入居審査」・「本契約・入居」になります。提出する書類の準備期間によって変わってきますが、申込みから入居までの期間はおおよそ1か月程度と考えてよいでしょう。また、最初の申込みの時点では正式な契約とはならないため、本契約前であれば後のキャンセルも可能です。

介護事業者が倒産した場合、お金の返還はある?
2006年4月以降に設立された有料老人ホームについては入居一時金の保全措置である「入居者生活保障制度」が義務付けられるようになりました。これは公益社団法人有料老人ホーム協会による制度で、事業者は入居者から支払われた入居一時金から20万円を協会に支払い、事業者が倒産した場合、協会から入居者へ500万円の補償金が支払われる制度です。 有料老人ホームに代表される居住系介護事業者の倒産件数は決して多くはありませんが、ここ数年は毎年のように発生しています。入居者の「安心」を保障しなくてはならない立場の事業者に、私たちの老後を託すことは出来ません。老人ホームを選ぶ際には、実際の施設の雰囲気なども大事ですが、事業者または経営母体がどういった会社なのか入念にチェックしておきましょう。

 

まとめ

「探しっくす」は、全国にある有料老人ホーム・高齢者向け住宅を、「地域」と「費用」を入力するだけで、ご希望の条件に合った施設を無料で簡単に検索をすることができる施設検索サイトです。しかも!気になる施設はその場でチェックして、一度にまとめて資料請求をすることができます。
介護付有料老人ホームをはじめサービス付高齢者向け住宅・住宅型有料老人ホームなど施設の種類からも探すことができます。
また、24時間看護がある施設や緊急時ケアなど専門ケアが充実している施設もあり、認知症の方でも安心して生活できる有料老人ホーム・高齢者住宅が見つかります。

 

終活の生前整理と遺品整理メリット・デメリット健康な時に始めよう

多くの方が終活でまず最初に取り掛かるのが身辺整理と断捨離です。部屋の片付けや荷物の整理をすることで、持ち物整理・写真整理・着物など身の回りの整理ができてしまいます。また、財産に関わる株・土地・不動産などの登記簿や有価証券まで整理をすることもできます。このように、元気なうちに身辺整理・断捨離をすることを生前整理と言います。

また、亡くなってから家族や親類が残された遺品を整理・処分することを遺品整理と言います。この場合、残された遺品の処分に多くの遺族が困ることも少なくありません。現在は残された家族のことを考えて生前から整理をされる方が増えてきています。ただ、荷物が多すぎて手が止まってしまう方や途中で諦めてしまう方も少なくありません。

そこで、今回は生前整理と遺品整理のメリット・デメリット・注意点についてご紹介をさせて頂きます。
終活の生前整理と遺品整理メリット・デメリット健康な時に始めよう

生前整理と遺品整理のメリット・デメリット

遺品整理で一番家族が困るのがなんだかご存知でしょうか。
それは、アルバムです。多くの遺族が思い出の写真を捨てるのに躊躇してしまうようです。次いで、2位が布団、3位が本、4位 コレクション、5位 衣類という順位になっています。
特に、コレクションも価値が分からず捨てるに捨てられず処分に困ってしまうようです。

こちらが遺品整理と生前整理のメリットとデメリットです。

  メリット デメリット
遺品整理 ・亡くなる直前まで物を使用したり楽しむことができる ・亡くなってから家族・親類が処分・整理をする
・家族に費用・時間・迷惑をかける
・コレクションなどの価値が不明で遺族が処分に困る
・金銭的なものは遺族間の結論がでるまで処分できない
・賃貸の場合、亡くなってからも家賃が発生する
生前整理 ・家族や親類に迷惑をかけずに整理・処分ができる
・金銭的な品物は事前に相続することができる
・亡くなった後も家族を困らせることはない
・物を捨てすぎて必要な場合が出てくることがある

 

このように遺品整理のデメリットが多くあり、残された家族や親類のことを考えると生前整理の方を選び方が多いのも分かります。

ただし、生前整理には注意点があります。それは、身体も精神も健康なうちに始めることが大事です。というのも年々、体力や気力が衰えていきます。家具や棚などを捨てるにも体力や人手・車なども必要になってくるからです。また、家庭ゴミであればゴミ収集時に出して廃棄することができますが、産業廃棄物にあたる物があれば専門業者などに依頼をして捨てることが必要になってくることもあります。違反すると廃棄物処理法の「5年以下の懲役」、「1000万円以下の罰金」にあたります。

そこで、ご紹介したいのが遺品整理業者です。もちろん、生前整理もしてくれます。遺品整理に対する知識や適切な整理方法を習得した遺品整理士や、ゴミの収集・運搬・処分にあたり必須な一般廃棄物収集運搬許可証も持っている業者がありますので安心して利用をすることができます。

 

オススメの遺品整理業者はこちら

 

遺品整理・生前整理の相場っていくら?料金表がある業者どこ?

終活で最初に行いたいのが整理収納です。というのも、部屋の片付けをすることで、持ち物整理・写真整理・着物など身の回りの整理ができてしまうからです。財産に関わる株・土地・不動産などの登記簿や有価証券まで整理をすることもできます。

遺品整理」という言葉をよく聞きますが、遺品整理は亡くなったあと家族や親類によって残した遺品を整理・処分をすることをいいます。この場合、残された遺品の処分に多くの遺族が困ることも少なくありません。

整理収納には、遺品整理のほか生前整理というのがあります。遺品整理は亡くなってから残された家族が整理をするのに対して、生前整理は、本人が老人ホームや介護施設に入る際など、生きているうちに、事前に整理をすることを言います。

が、遺品整理・生前整理には、家具や棚・布団・衣類など多種多様な荷物があり、中には一般ゴミには捨てられな品物もあります。また、エアコンの取り外しや車・バイクの回収や廃車手続き・特殊清掃や消臭作業など、必要な場合があり家族や親類だけでは整理や処分が困難なこともあります。

そこでご紹介をしたいのが遺品整理・生前整理を行っている専門業者です。高い料金を請求されそうな気もしますがそんなことはありません。相見積もりを取ったり、遺品整理・生前整理の相場を知る事で高額な料金を請求されることはありません。また、料金表がある遺品整理・生前整理の業者もご紹介致しますのでご覧ください。

遺品整理・生前整理の相場っていくら?料金表がある業者どこ?

遺品整理・生前整理の相場

遺品整理・生前整理の相場を調べるために各社の料金を比較してみました。

間取り A社 B社 C社 D社
1K 3万円~8万円 3.5万円~ 4万円~ 2.5万円~6.8万円
1DK 5万円~12万円  6万円~ 6万円~ 4.2万円~10.2万円
1LDK 7万円~20万円 8万円~ 8万円~ 5.9万円~17万円
2DK 9万円~25万円 12万円~ 12万円~ 7.6円~21.2万円
2LDK 12万円~30万円 15万円~ 15万円~ 10.2万円~25.5万円
3DK 15万円~40万円 18万円~ 18万円~ 12.7万円~34万円
3LDK 17万円~50万円 20万円~ 20万円~ 14.4万円~42.5万円 
4LDK 22万円~60万円 26万円~ 26万円~ 28.4万円~

※上記料金は一般的な遺品・家財整理になります。
※上記料金は作業費を含む人件費・車両費・回収運搬費・廃棄物処分費をあわせた概算費用となります。
※特殊清掃等が発生した場合、追加費用が発生する場合があります。
※廃棄物処理代金は条例等により各市町村で金額が異なりますので、別途必要な場合があります。

上記料金から相場はこのようになります。

間取り 料金相場 作業人数 作業時間
1K 2.5万円~8万円 1~2名 1~3時間
1DK 4.2万円~12万円 2~3名 2~4時間
1LDK 5.9万円~20万円 2~4名 2~6時間
2DK 7.6円~25万円 2~5名 2~6時間
2LDK 10.2万円~30万円 3~6名 3~8時間
3DK 12.7万円~40万円 3~7名 4~10時間
3LDK 14.4万円~50万円 4~8名 5~12時間
4LDK 28.4万円~60万円 4~10名 6~15時間

 

遺品整理・生前整理業者の選ぶ5つのポイント

遺品整理・生前整理をお願いしたけど、「高額など請求された」、「追加料金を請求された」、「作業がいい加減だった」などトラブルが起きることもあります。そこで、業者に依頼する際、失敗しないためのポイントをまとめましたのでご覧ください。

遺品整理・生前整理業者の選ぶポイントは5つです。
1.相見積もりを取る
2.見積り条件をチェックする
3.現場状況を細かく伝える
4.損害賠償保険に加入している業者を選ぶ
5.できる範囲の片付けを自分でする

 相見積もりを取る
最低3社から見積りを取りましょう。最初から1社にしぼってしまわず複数の業者から見積りを取ることで、料金を比較することができます。また、その際の対応などからも、安心して任せられるかどうかも判断することができます。見積りに時間がかかったり、対応が乱暴だったり、雑な業者はトラブルになることが多々あります。ですのでその業者を見極めるためにも相見積もりを取りましょう。

 見積り条件をチェックする
頂いた見積り条件を細かくチェックしておきましょう。人件費・運搬費・車両費・廃棄物処分費・清掃費などの含まれているか、追加費用が発生するかどうかも細かくチェックしておきましょう。

 現場状況を細かく伝える
現場を下見して見積りを頂く場合は問題ありませんが、電話で見積りを依頼する場合は特に危険です。というのも業者との「認識のズレ」がトラブルに繋がることもあります。部屋の広さ、不用品の量、買取品の有無、現場周辺の状況、建物の構造などを詳細に事前に伝えておくことが大事です。今後のトラブルにならないためにも、前もって打ち合わせすることをオススメ致します。

 損害賠償保険に加入している業者を選ぶ
電気製品や家具を壊してしまったり、また、家の柱や壁・床などを傷つけてしまったりしてしまう可能性もあります。万が一のときのためにも、損害補償される保険に加入している業者にお願いすることをオススメ致します。

 できる範囲の片付けを自分でする
見積りを依頼する前や現場の下見の前までに、できる範囲の片付けをすることで費用をおさえることができます。また業者に見られたくないものや貴重品なども別に保管することができます。

 

料金表がある業者「みんなの遺品整理」がオススメ

分かりやすい料金表があり複数の業者から見積りを取ることができるのが「みんなの遺品整理」がオススメです。
「みんなの遺品整理」は、全国にある500社以上の遺品整理業者を利用することができるサービスです。即日対応から無料で相見積もりまで取ることができます。また、以下のような明朗会計となっているので安心です。

間取り 料金相場 作業人数 作業時間
1R・1K 3万円~8万円 1~2名  1~3時間
1DK 5万円~12万円 2~3名 2~4時間
1LDK 7万円~20万円 2~4名 2~6時間
2DK 9万円~25万円 2~5名 2~6時間
2LDK 12万円~30万円 3~6名 3~8時間
3DK 15万円~40万円 3~7名 4~10時間
3LDK 17万円~50万円 4~8名 5~12時間
4LDK以上 22万円~60万円 4~10名 6~15時間

※金額は作業費を含む人件費・車両費・回収運搬費・廃棄物処分費をあわせた概算費用となります。

また、「みんなの遺品整理」では、遺品整理に対する知識や適切な整理方法を習得した遺品整理士や、ゴミの収集・運搬・処分にあたり必須な一般廃棄物収集運搬許可証も持っている業者がおりますので安心して利用をすることができます。

遺品整理・生前整理のほかにも、不用品の買い取り・ハウスクリーニング・リフォーム・特殊清掃までお願いをすることができるので大変便利な業者です。

 

みんなの遺品整理で相見積もりを取るにはこちら