終活で遺影写真の準備を!遺影写真は故人をしのぶシンボル

Facebook にシェア

LINEで送る
Pocket


終活では、遺影写真の準備も行いましょう。
と言うのも、実際に遺影写真を準備されている方が少なく、集合写真の切り抜きや、着せ替え、ピンボケの写真が大半になっているのが実情です。
葬儀の慌ただしさに紛れて遺影写真の準備は後手になりがちになるからです。
でも、写真に手を合わせてくれる人の気持ちを想像すれば、ピンボケ写真ではちょっと残念ですよね。
そこで、今回は遺影写真の大切さや準備方法についてご紹介をさせて頂きます。
終活で遺影写真の準備を!遺影写真は故人をしのぶシンボル

終活で生前から遺影写真の準備を!

終活では、遺影写真の準備も行いましょう。
と言うのも、葬儀では、式の手配や調整、親族・参列者への対応などで慌ただしく、遺影写真の準備が後手になりがちだからです。
結果、集合写真の切り抜きや着せ替え、ピンボケの写真で済ませてしまうことが大半になってしまっています。
遺影写真には、笑顔の写真を選ぶようにましょう。
くれぐれも証明写真のような表情の写真は選ばないように!
写真に手を合わせてくれる人の気持ちを想像すれば、集合写真の切り抜きや着せ替え、ピンボケの写真ではちょっと残念で複雑な気持ちになってしまいますよね。
遺影写真は、葬儀の後も長いこと家の中や仏壇に飾られる「故人を偲ぶシンボル」です。
ですので、故人を偲ぶことができる写真を準備しておきましょう。

 

自分らしい遺影写真を準備する人が増えている

終活で遺影写真の準備を!遺影写真は故人をしのぶシンボル

最近は、自分らしい1枚を残しておきたいとの思いから、生前に遺影用の写真を準備する人も増えてきています。
「葬儀で祭壇に飾る」、「仏壇に置く」など遺影を使用する場面に応じて服装や表情、ポーズなども違えた写真を用意することもできます。
写真に確実なクオリティを望む場合は、プロのカメラマンに撮影の依頼をしてみましょう。
最近は、ヘアメイクとセットで撮影をしてくれる遺影写真専門のスタジオや出張サービスばどもあります。
値段は、19,800円(税抜)からと意外と安価な値段からあります。
こちらがヘアメイクとセットで撮影をしてくれる遺影写真専門のお店「えがお写真館」です。ご興味があれば一度ご覧ください。

 

準備した遺影写真は家族と共有する

終活で準備した物は、保管先を決めて家族と共有することが大切です。
もちろん、この遺影写真も例外ではありません。
せっかく撮影した遺影写真も、保管先がわからなければ陽の目を見ることはありません。
そこで、保管先におすすめなのが「エンディングノート」です。
透明のクリアフォルダーに遺影写真を入れて挟んでおくと良いでしょう。
写真の裏面には撮影日付の記入もお忘れなく。
デジタル画像の場合は、撮影データを入れた記録媒体を挟んでおきましょう。
最近は、遺影写真データの管理や家族へのメッセージなどを預かる「遺影バンク」といった無料のサービスもあります。
これらを上手に活用し、納得のいく1枚を家族に託しておきましょう。

 

 

コメントを残す