終活の準備エンディングノートに大切な人への想い・思い出を残す

Facebook にシェア

LINEで送る
Pocket


終活には、エンディングノートに「想い・思い出を残す」準備もあります。ご家族、それから友人、あなたの大切な人との残したい思い出や想いをメッセージにし伝えます。大切な人を失ってしまうと非常に寂しくもなります。エネルギーが枯渇したように心身にその苦痛が現れることもあるようです。そんな時、亡くなった家族のメッセージがエンディングノートに残っているだけで、それが遺された人の癒しとなり、心身の苦痛から立ち直り生きるための支えになるかもしれません。 伝えたい相手に届けたい想いを明確にし大切な思いを伝えましょう。

終活 想い・思い出を残す

伝えたい相手に届けたい想いを伝えましょう

ご家族、それから友人、あなたの大切な人との残したい思い出や想いをメッセージにし伝えます。
終末医療医師 大津秀一先生の著書「死ぬときに後悔すること25」の中ひとつに、「愛する人にありがとうと伝えなかったこと」があります。後悔しないように、心身が健康なうちに伝えたい気持ちや思いをエンディングノートに書き記しておきましょう。
遺された家族、知人は大切な人を失ってしまうと非常に寂しくもなります。エネルギーが枯渇したように心身にその苦痛が現れることもあるようです。そんな時、亡くなった家族のメッセージがエンディングノートに残っているだけで、それが遺された人の癒しとなり、心身の苦痛から立ち直り生きるための支えになるかもしれません。
伝えたい相手に届けたい想いを明確にし大切な思いを伝えましょう。
「誰に?」、「どんなメッセージを?」、「いつ?」、「どこで?」、「どのように?」について考えていきます。 大切なのは伝える相手を決めることです。家族、友人、知人、お世話になった人 ペットなど漏れのないようにリストを作成することもオススメ致します。

エンディングノートには「思い出・エピソード」を書く残すページが用意されています。
終活 伝えたい相手に届けたい想いを伝えましょう

終活 伝えたい相手に届けたい想いを伝えましょう

 

想い(メッセージ)を残す方法

想いを残す方法には、エンディングノートに文章で残すほかに、「音声」や「写真」、「絵」、「動画」、「モノ」で残す方法があります。
文章が苦手という方はいろいろな方法で想いを伝えてみてはいかがでしょうか。
いきなり作文から取り掛からないのがコツです。
まずは自分自身への取材をとおしてモヤモヤしたものを表に書き出しこれを素材にしてまとめていきます。
受け取る人の心に響くメッセージをつくるには具体的なエピソードや当時の気持ちを織り交ぜること、気の利いた言葉を添えられるかどうかがポイントです。
メッセージはのちのちまで手元に残るので、くれぐれも後味の悪い内容にならないように配慮も大切にしましょう。

想い(メッセージ)のまとめ方が分からないという方におすすめなのが予め用意された質問に答えながらメッセージを組み立てる方法です。
そこでメッセージを作り出す9の質問をご紹介致します。

1.今日までの人生で一番の思い出は何ですか?
2.人生でもっとも大切なものは何ですか?
3.家族に知ってもらいたい何か特別なものは何ですか?
4.あなたが今日まで果たしてきた役割の中でもっとも大切なものは何ですか?
5.あなたが成し遂げたことのなかでもっとも誇らしいものは何ですか?
6.あなたが愛する人たちに伝えておく必要があると思いながらも、まだ言えていないことは何ですか?
7.愛する人たちに伝えたいあなたの希望や夢は何ですか?
8.これまで学んだことの中で他の人たちに伝えておきたいこと、アドバイスは何ですか?
9.家族の将来に向けて役立つような言葉や教訓は何ですか?

 

まとめ

ご家族、友人、あなたの大切な人との残したい思い出や想いをメッセージにし伝えます。
後悔しないように、心身が健康なうちに伝えたい気持ちや思いをエンディングノートに書き記しておきましょう。
想い(メッセージ)を残す方法には、エンディングノートなど文章で残すほかに、「音声」や「写真」、「絵」、「動画」、「モノ」で残す方法があります。形にとらわれずご自身にあった方法でメッセージにし伝えてもかまいません。
いきなり作文から取り掛からないのがコツです。
受け取る人の心に響くメッセージをつくるには具体的なエピソードや当時の気持ちを織り交ぜること、気の利いた言葉を添えられるかどうかがポイントです。

 

終活のためのエンディングノートの購入はこちら

 

 

コメントを残す