有料老人ホームを選ぶ際に見学でチェックしたい10のポイント

老人ホームは、ご家族やご自身が長年住む場所となるので、安易に選択するのではなく、心から納得できるところを選ぶ必要があります。
多くの方が立地や費用で決められていますが、そのほかにももっと重要な選択ポイントがあります。

インターネットや資料でいくら情報を収集しても、いざ入居してみると「実際は違った」って感じる方は少なくないようです。

ある程度まで予算や立地条件が合う老人ホームを絞り込んだら、実際のホームの様子や設備、働いているスタッフを見ることができる「見学」や「体験入所」を積極的に行いましょう。

そこで、今回は有料老人ホーム・高齢者向け住宅を選ぶ際に見学でチェックすべき10のポイントをご紹介致します。
有料老人ホームを選ぶ際に見学でチェックしたい10のポイント

見学でチェックしたい10のポイント

有料老人ホーム・高齢者向け住宅を選ぶ際に見学でチェックすべき10のポイントをまとめましたのでご覧ください。

 1.スタッフの質

介護のスタッフ

ホームの住み心地を大きく左右するのが、そこで働くスタッフです。ホームは長く住む住居ですからスタッフの質がよくなければ、希望するサービスがそろっていても満足が得られにくいかもしれません。
ですので、ホームで働いている入居者の表情や、働いているスタッフの姿・スタッフ同士の会話などを見て、ホーム全体の雰囲気を掴むようにしましょう。
たとえば、スタッフはしっかりと挨拶ができているかも重要なポイントです。
スタッフが入居者や来訪者に明るく活き活きと挨拶ができているホームは、入居者との関係性も良く、職場環境も良好である可能性が高いです。
逆に、スタッフが無愛想で挨拶をろくにできないようですと、教育が徹底されていなかったり、職場環境が悪くストレスや疲労が蓄積していることが考えられます。
また、スタッフの身だしなみも同様です。爪が不必要に長かったり、服装が乱れていると、スタッフの意識が欠如している場合もあります。

あと、もう一つ重要なポイントがあります。それは、スタッフの数です。どれだけ手厚いケアが受けられるかは、スタッフの数によって違ってくるといえます。介護付有料老人ホームの場合は、入居者3人に対して介護スタッフ1名以上を配置する「3:1」が国の最低基準です。これよりも多ければ多いほど手厚い介護が受けられることになります。

看護職員の有無や勤務体制(昼間のみ、24時間配置など)、医療機関との連携、日常的な健康管理、機能訓練指導員(リハビリ専門員)の有無、緊急時の対応や体制、看取り体制などもチェックしておきたいポイントです。

 2.ほかの入居者

有料老人ホームを選ぶ際に見学でチェックしたい10のポイント

ホームで楽しく長く暮らすためには、既に入居している人たちの雰囲気もポイントのひとつです。入居者の表情が活き活きとしていて、楽しそうであれば、ストレスが少なく満足した毎日を過ごしていると言えます。逆に、入居者の髪型や服装に清潔感がないと職員のケアが行き届いていない可能性があります。
また、入居者の男女比や年齢・要介護度がどれくらいの人が多いかなどもチェックしておきましょう。ランチの時間帯の食堂は、多くの入居者が集まっており、ホームの雰囲気がよくわかります。ランチの試食が可能なら、入居者と一緒に、同じものを食べてみるのがよいでしょう。また、好感が持てるホームには、体験入居してみるとホームの一日の生活全般がよく見えてきます。同時に、これから入居するご家族・ご自身がその雰囲気に馴染めそうかどうかもチェックするようにしましょう。

 3.介助の様子でホームの質が分かる

有料老人ホームを選ぶ際に見学でチェックしたい10のポイント

床ずれ防止のために行う体位変換や離床(起き上がること)など、実際の介助の様子を見せてもらうようにしましょう。
最近では、介護職員による虐待なども取り沙汰されています。実際にスタッフが入居者と触れ合い、コミュケーションを取る介助を見せてもらうことはとても大切です。入居者に無理をさせていないか、しっかりと声掛けをしているかをチェックしておきましょう。今後長く住むわれるホームですから、スタッフの質が低いと満足したものにはならないことを念頭に置きましょう。

 4.食事の内容や介助を見せてもらう

有料老人ホームを選ぶ際に見学でチェックしたい10のポイント

入居者にとって、ホームでの最大の楽しみが食事といっても過言ではありません。長く暮らしていく上で、食事が合わないと、体調への心配が生まれるばかりではなく、ストレスなど入居者にとって健康面に悪影響を及ぼしてしまいます。食事が合わなくて退去をする例もありますので、メニューの内容や個別対応があるかなどしっかりと確認しておきましょう。

そこで、食事の内容や食事時の介助の様子もチェックしておきましょう。食事中に起きる事故として、誤飲や窒息があります。事故に十分対応できるスタッフ数が食事中にいるか、食事のペースを入居者に合わせてくれているか、などがチェックポイントです。

 5.献立で食への工夫を確認する

介護食

食事は、生活の満足度を高める重要な要素になります。献立表などをチェックして、献立の傾向を見てみましょう。メニューに偏りがないか、季節を感じられるような楽しみがあるかなど食に対する工夫も確認したい点です。お正月やクリスマス・ひな祭りなどの楽しみや、四季の旬の食材が取り入れられているかもチェックしたいポイントです。また、最近ではバリエーション豊富な食事を提供しているホームも多くありますが、その食事の特徴が入居者の好みに合っているかどうかも大切です。

 6.個別食・療養食が可能か

有料老人ホームを選ぶ際に見学でチェックしたい10のポイント

入居者に糖尿病や腎臓病などの疾病があった場合や特定の食材に対するアレルギーがあった場合に、個別対応をしてくれるのかも確認しておきましょう。減塩などの「制限食」、きざみ・やわらかなどの「形状食」の有無、メニュー選択の有無など、入居者の好みに合った食事が提供されるかを確認することが大切です。また、管理栄養士がいるのか、ホーム内で作られているのかも合わせて確認しておきたい点です。

 7.建物の清掃が行き届いているか

有料老人ホームを選ぶ際に見学でチェックしたい10のポイント

建物が清潔に保たれているかどうかも確認しておきましょう。清掃が行き届いているホームは、ホームの運営が順調で、細部まで目配りができていることが多いです。しかも!インフルエンザや花粉症への対策意識が高い傾向にあります。
居室やトイレ・浴室・共用スペースなど、見学では施設を一通り見ることができますので、随時この視点を忘れずに見学をしましょう。複数のホームに見学に行った際の判断材料にもなります。

 8.設備と住空間

有料老人ホームの設備と住空間

居室の間取りや広さは実際に確認してみないと、不便な点はわかりづらいものです。
廊下は車椅子ですれ違える広さがあるのか、居室も車椅子に対応しているか、ベッドの形状や床材の材質はどうか、浴室設備はどんな身体状態まで対応しているのかなどをチェックしましょう。ベッドやドアの形状・床材なども確認しておくと、転倒や衝突した際の配慮がなされているかを知ることができます。
コールボタンの位置や収納スペース、日当たりはどうか?またテレビやカーテンなどの設備は備え付けか?私物の持ち込みはどこまで許可されるのか?など細部までチェックしましょう。
何年も住む”家”ですので、納得のいくまで確認し、不明な点は質問するようにしましょう。

 9.ホーム内環境と外部環境

有料老人ホームの内環境と外部環境

エレベーターの数・手すりなどの補助設備・リハビリ施設や機械浴室などホームの設備に、入居者が必要なものが揃っているか必ずチェックしましょう。入居者が外出困難な場合、バルコニーや庭など外の空気や自然と接することのできる環境であるかも知っておきたいポイントです。また車の音など外部からの騒音なども見学に行かなければわかりません。
また、入居後の訪問のことも想定しておきましょう。ご入居される方にとって、ご家族の面会は何よりうれしいものです。訪問時間に制限はあるのか、訪問した家族の居場所や食事の用意はしてもらえるのか、宿泊できるゲストルームはあるのかなどもチェックした点です。駐車場の有無や最寄り駅からの距離・交通機関などのアクセス情報と施設の周辺情報も忘れずに確認しておきましょう。

 10.イベント・レクリエーションの頻度と種類

介護のイベント・レクリエーション

ほとんどの老人ホームでは、多彩なレクリエーションやイベント企画を取り入れています。遠足などの外出や餅つき、クリスマスイベントなどホームによって個性を打ち出しています。頻度や種類が多ければ、より充実した生活を送ることができます。毎日なにかしらのレクリエーションを取り入れているホームも少なくありませんので、見学の日を予め合わせることで、様子を確認することができます。別途費用が掛かる場合はその金額の目安なども確認しておくといいでしょう。

 

有料老人ホーム・高齢者向け住宅の検索と一括資料請求ができる無料情報サイト「探しっくす」はこちら

 

無料「探しっくす」で希望の有料老人ホーム高齢者向け住宅の探し方

希望の老人ホームを探すなら「探しっくす」です。「探しっくす」とは、東証一部の日本調剤が運営する有料老人ホーム高齢者向け住宅の検索と一括資料請求ができる無料情報サイトです。

全国にある老人ホーム・高齢者向け住宅から希望にあった施設を見つけることができます。その施設の種類は様々で、認知症の方でも安心して生活できる有料老人ホームや高級感漂うワンランク上の高級物件など多岐にわたります。

地域と費用などを選んで検索ボタンをクリックするだけ希望の施設を探すことができるからたいへん人気の有料老人ホーム検索サイトです。

そこで、今回はる「探しっくす」で希望の有料老人ホーム・高齢者向け住宅の探し方をご紹介致します。
日本調剤が運営する「探しっくす」で希望の有料老人ホームの探し方

希望の施設の探し方

「探しっくす」は、地域や費用などご希望の条件に合った施設を無料で簡単に検索をすることができます。しかも!気になる施設はその場でチェックして、一度にまとめて資料請求をすることができます。

こちらが「探しっくす」の検索画面です。
地域と入居時の費用、または月額の費用を選択するだけでご希望の条件に合った施設を検索することができます。
「探しっくす」カンタン検索画面

気になる施設があれば、施設右上の「検討リストに追加」ボタンをクリック。のちほどまとめて資料請求できます。
気になる施設があれば「検討リスト」に入れて、のちほどまとめて資料請求できます。

希望の施設の検索が終わったら、検討リストの「まとめて資料請求(無料)」をクリックします。
「探しっくす」カンタン検索画面

見学予約か、資料請求だけ、またその両方を選択できますので、ご希望に沿ってチェックを入れます。
「探しっくす」カンタン検索画面

画面下にある「お名前」・「住所」・「電話番号」など、また、入居対象者様について、お差しつかえがない範囲で入力をして、送信するだけです。
「探しっくす」カンタン検索画面

 

特徴

「探しっくす」の特徴は、なんといっても!まとめて資料請求ができることです。簡単に希望条件にマッチした施設を検索できて、ボタンをクリックするだけで無料で資料が届きます。
そのほかの「探しっくす」の特徴もまとめましたのでご覧ください。

 探しやすくてカンタン検索・まとめて資料請求ができる
地域と入居時の費用・月額費用を入力するだけで、ご希望の条件に合った施設を簡単に探すことができます。また、気になる施設はその場でチェックして、一度にまとめて資料請求が可能です。しかも!無料だからお得なんです(^^♪

 わかりやすい・見やすい施設情報
施設の特徴・費用・施設概要・職員体制など基本情報はもちろん、特長やポイント・雰囲気がわかる写真など、豊富な情報が満載です。
こちらがカンタン検索結果の一例の特徴です。

特徴には、食事の情報からケアスタッフの情報・立地環境・レクリエーションの情報が分かりやすく掲載されています。

「探しっくす」は、わかりやすい・見やすい施設情報が満載

住居費・食費・施設運営費まで細かく掲載されています。

「探しっくす」は、わかりやすい・見やすい施設情報が満載

施設の状況を多くの写真から確認することができます。

「探しっくす」は、わかりやすい・見やすい施設情報が満載

利用者の受け入れが可能かどうかも一目で分かります。

「探しっくす」は、わかりやすい・見やすい施設情報が満載

 

 希望の施設を探すことができる

「探しっくす」では、多くのこだわり施設を探すことができます。
たとえば、このようなこだわり施設があります。
 高級物件
 認知症入居可
 医療ケアが充実
 大手事業者が運営

上質のサービスや設備・至上の食事などを極めた、高級感漂うワンランク上の住まいをお探しの方には高級物件がオススメです。
また、24時間看護体制・緊急時ケアなど専門ケアが充実している施設もあり、認知症の方でも安心して生活できる有料老人ホーム・高齢者住宅が見つかります。
運営の安定感や、快適なサービス・手厚いケア体制・ブランド力をお求めの場合は、大手事業者が運営する施設をご紹介致します。

また、介護付有料老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅・住宅型有料老人ホームなど施設の種類からも探すことができます。

 介護付有料老人ホーム
介護付有料老人ホームは、「特定施設入所者生活介護」の指定を受けた有料老人ホームです。介護や食事などのサービスを受けることができます。介護が必要になった場合もそのホームで生活しつづけることができますが、「自室で介護を受けられる」、「相部屋に移動する」などホームによって異なりますので、入居前に確認しましょう。

 サービス付高齢者向け住宅
サービス付高齢者向け住宅は、高齢者の生活を支援するサービスの付いたバリアフリー住宅です。トイレ・浴室・キッチン完備の居室などもあり、自宅のように悠々自適に生活することができます。入居費用を抑えつつ、いざという時にも安心して暮らせる“老後の住まい”として、近年注目を集めています。

 住宅型有料老人ホーム
住宅型有料老人ホームは、食事提供などの生活支援サービスを提供する有料老人ホームです。介護を受ける場合には、外部の介護サービス事業者を利用することができます。介護度が高くなり利用サービスが増えると、介護費用が高くなったり退去しなくてはならない場合もあります。

 高齢者向け住宅
高齢者向け住宅は、高齢者向けの賃貸住宅です。一般的な賃貸住宅同様に完全個室なため、自由に生活を送ることが可能です。有料老人ホームに比べ費用は低価格ですが、介護や生活支援サービスは別契約になるため、必要とするサービスをきちんと把握する必要があります。

 特別養護老人ホーム
特別養護老人ホームは、介護老人福祉施設とも呼ばれ、社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な施設です。寝たきりや認知症など比較的重度の方、緊急性の高い方の入居が優先となるため、入居待ちの方が非常に多く、入居までに早くて数ヶ月、長い場合だと10年ほどかかることもあります。

 

カンタン検索から資料請求までの流れ

カンタン検索から資料請求までの流れ

「探しっくす」のカンタン検索から資料請求までの流れをご紹介致します。

 カンタン検索
地域と入居時の費用、または月額の費用を選択し、ご希望の条件に合った施設を検索します。

 まとめて資料請求
気になる施設にチェックを入れて、そのまままとめて資料請求をします。

 資料をみながら検討
届いた資料でじっくり比較検討して、候補となった施設に実際に見学に行って確かめて見る。

候補となった施設には実際に足を運んで自分の目で確かめて見ましょう。また、その施設で働いている方からもお話しを聞いてみて検討することをオススメ致します。

 

こんな人にオススメ

「探しっくす」はこんな人にオススメです。
・有料老人ホーム・高齢者向け住宅を探している
・無料で複数の施設の資料が欲しい
・入居費用や月額費用がいくらなのか知りたい
・認知症でも入居できる施設を探している
・実家または、子供の近所の施設を探している

「探しっくす」は、地域と入居時の費用、または月額の費用を選択するだけでご希望の条件に合った施設を簡単に検索することができます。ですので、希望にあった地域や、費用の施設を見つけることができます。
しかも!介護付有料老人ホームをはじめサービス付高齢者向け住宅・住宅型有料老人ホームなど施設の種類からも探すことができます。
24時間看護がある施設や緊急時ケアなど専門ケアが充実している施設もあり、認知症の方でも安心して生活できる有料老人ホーム・高齢者住宅が見つかります。

 

よくある質問(Q&A)

有料老人ホーム・高齢者住宅などを利用する際の一般的なよくある質問(Q&A)をご紹介致します。

生活保護や低所得者でも入居できますか?
老人ホームへ入居するにあたり、ほとんどの方が年金や預貯金などをベースにして、月額費用を考慮して入居を決めます。しかし、毎月の年金受給額が10万円を切る世帯や、持ち家などの資産を保有していない高齢者も多くいるのが現実で、貧困世帯の最後のセーフティネットである生活保護を頼りに生活している世帯も多く存在します。 そのようななか、生活保護や低収入を理由に老人ホームへの入居を諦めている人もいるようですが、低所得者でも入所できる施設は存在します。 個人負担額が少ない特別養護老人ホーム(特養)が理想的かもしれませんが、地域によっては入居希望の待機人数が多く、しかも原則要介護度3以上の高齢者しか受け付けてくれません。 特養以外で低所得者でも入居できる候補で挙がるのが、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、認知症グループホームといった施設になります。生活保護者の受け入れについては、各事業者ともガイドラインを設けており、一切の受け入れが不可なところもあれば、人数に上限を設けて受け入れているところもあります。
見学から入居までどのくらいかかりますか?
家族・本人ともに納得のいく老人ホームが見つかった場合、申込みから入居までの流れは、「申込み」・「必要書類の準備・提出」・「面談、入居審査」・「本契約・入居」になります。提出する書類の準備期間によって変わってきますが、申込みから入居までの期間はおおよそ1か月程度と考えてよいでしょう。また、最初の申込みの時点では正式な契約とはならないため、本契約前であれば後のキャンセルも可能です。

介護事業者が倒産した場合、お金の返還はある?
2006年4月以降に設立された有料老人ホームについては入居一時金の保全措置である「入居者生活保障制度」が義務付けられるようになりました。これは公益社団法人有料老人ホーム協会による制度で、事業者は入居者から支払われた入居一時金から20万円を協会に支払い、事業者が倒産した場合、協会から入居者へ500万円の補償金が支払われる制度です。 有料老人ホームに代表される居住系介護事業者の倒産件数は決して多くはありませんが、ここ数年は毎年のように発生しています。入居者の「安心」を保障しなくてはならない立場の事業者に、私たちの老後を託すことは出来ません。老人ホームを選ぶ際には、実際の施設の雰囲気なども大事ですが、事業者または経営母体がどういった会社なのか入念にチェックしておきましょう。

 

まとめ

「探しっくす」は、全国にある有料老人ホーム・高齢者向け住宅を、「地域」と「費用」を入力するだけで、ご希望の条件に合った施設を無料で簡単に検索をすることができる施設検索サイトです。しかも!気になる施設はその場でチェックして、一度にまとめて資料請求をすることができます。
介護付有料老人ホームをはじめサービス付高齢者向け住宅・住宅型有料老人ホームなど施設の種類からも探すことができます。
また、24時間看護がある施設や緊急時ケアなど専門ケアが充実している施設もあり、認知症の方でも安心して生活できる有料老人ホーム・高齢者住宅が見つかります。

 

終活の後悔しない老人ホームの選び方!介護付き老人ホームを探す

幸せな老後を過ごすための土台となるのが住環境です。終の棲家となる有料老人ホームは高額な一時金が必要な場合もあり慎重な検討が求められます。関東ではその入居金が500万円から1,000万円が相場となっています。また、高齢で想定される入居期間が短い、一時的な入居を希望、月額費用が高くなっても初期経費を抑えたい方には入居金が0円のプランもあります。どちらのタイプに入居するにしてもパンフレットなどの資料請求はもちろん、施設見学など要点をおさえて準備を始めていきましょう。
そこで、今回は、終活の老人ホームの選び方や有料老人ホームの「クーリングオフ」も2012年4月施行されましたのでクーリングオフについてもご紹介をさせていただきます。
老人ホーム

老人ホームの種類を知ろう

老人ホームと一言で言っても種類は様々、「介護付き有料老人ホーム」、「高齢者向け住宅(一般型・介護型)」、「住宅型有料老人ホーム」、「特別養護老人ホーム」などがあります。首都圏では、入居金が1000万円前後の場合、月額費用20~23万円、入居金0円プランの場合は月額費用が30万円以上となることもあるようです。入居する目的や条件を明確にして入居する老人ホームを探してみましょう。それらの老人ホームの違いをまとめてみましたのでご紹介致します。

タイプ 特徴
 介護付き有料老人ホーム 介護付き有料老人ホームは、「特定施設入所者生活介護」の指定を受けた有料老人ホームです。介護や食事などのサービスを受けることができます。介護が必要になった場合もそのホームで生活しつづけることができますが、「自室で介護を受けられる」、「相部屋に移動する」などホームによって異なりますので、入居前に確認しましょう。
ちなみに、特定施設入居者生活介護とは、特定施設(有料老人ホーム、軽費老人ホーム等)に入居している要介護者に対して、その特定施設内において、介護サービス計画に基づいて行なわれる入浴・排せつ・食事等の介護、その他の日常生活上又は療養上の世話、機能訓練を指します。
 サービス付き高齢者向け住宅(一般型・介護型) 高齢者の生活を支援するサービス(医療・介護・生活相談・安否確認など)の付いたバリアフリー住宅です。トイレ・浴室・キッチン完備の居室などもあり、自宅のように悠々自適に生活することができます。入居費用を抑えつつ、いざという時にも安心して暮らせる“老後の住まい”として注目を集めています。一般的なサービス付き高齢者向け住宅(一般型)と厚生労働省の定める「特定施設」の指定を受けている介護型の2つのタイプがあります。日中は生活相談員が常駐し、入居者の安否確認や様々な生活支援サービスを受けることができます。
 住宅型有料老人ホーム 住宅型有料老人ホームは、食事提供などの生活支援サービスを提供する有料老人ホームです。介護を受ける場合には、外部の介護サービス事業者を利用することができます。介護度が高くなり利用サービスが増えると、介護費用が高くなったり退去しなくてはならない場合もあります。
 健康型有料老人ホーム 健康型有料老人ホームとは、家事手伝いなどのサポートを受けられ、日常生活を楽しむためのアクティビティやレクリエーションが充実している施設です。主に民間事業者が運営しています。基本的に自立(介護認定なし)あるいは要支援状態の高齢者を受け入れていますが、介護度が上がると退去となります。
 特別養護老人ホーム 介護老人福祉施設とも呼ばれ、社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な施設です。寝たきりや認知症など比較的重度の方、緊急性の高い方の入居が優先となるため、入居待ちの方が非常に多く、入居までに早くて数ヶ月、長い場合だと数年ほどかかることもあります。
 グループホーム グループホーム(認知症高齢者グループホーム)とは、入居者数の定員が1ユニットあたり9名、最大2ユニット 18名までと規定されている少人数で家庭的な雰囲気が特徴の共同生活を行うための介護福祉施設です。認知症の高齢者が共同生活を送りながら、専門スタッフによる身体介護と機能訓練、レクリエーションなどを受ける施設です。

 

老人ホームに入居する条件がある!介護度によっては入居できないことも!

老人ホームに入居するには条件があります。たとえば、比較的安価でおさえることができる特別養護老人ホームは、介護度が要介護3以上でなければ入居することができないんです。それら施設ごとの入居条件をまとめましたのでご紹介を致します。

タイプ 条件 条件の詳細
 介護付き有料老人ホーム ナシ 入居条件は「入居時自立(介護認定なし)」や「自立~要介護5まで」、「要支援以上」、「要介護1~5のみ」など、ホームによってさまざまです。検討している施設に問い合わせてみましょう。
 サービス付き高齢者向け住宅(一般型・介護型) アリ 主に自立(介護認定なし)あるいは軽度の要介護高齢者を受け入れています。施設によって条件がありますので検討している施設に問い合わせてみましょう。
 住宅型有料老人ホーム ナシ 入居条件は「入居時自立(介護認定なし)」や「自立~要介護5まで」、「要支援以上」、「要介護1~5のみ」など、ホームによってさまざまです。検討している施設に問い合わせてみましょう。
 健康型有料老人ホーム アリ 入居条件は、自立(介護認定なし)あるいは要支援状態の高齢者を受け入れています。
 特別養護老人ホーム アリ 入居条件は「介護度が要介護3以上で、感染症などの医療的処置を必要としない方」、「特定疾病が認められた要介護3以上で40歳~64歳までの方」、「特例による入居が求められた要介護1~2の方」です。
 グループホーム アリ 65歳以上で要支援2以上、認知症患者であり、施設所在地に住民票がある方。

 

老人ホームの相場

関東の有料老人ホームでは、入居金(一時金)が500万円から1,000万円が相場となっています。また、高齢で想定される入居期間が短い、一時的な入居を希望、月額費用が高くなっても初期経費を抑えたい方には入居金が0円のプランもあります。入居金が1000万円前後の場合、月額費用20~23万円、入居金0円プランの場合は月額費用が30万円以上となることもあるようです。そこで老人ホームの相場をまとめましたのでご紹介致します。あくまでの相場ですので参考程度でお願い致します。詳しくは検討している施設に問い合わせてみて下さい。

タイプ 費用
 介護付き有料老人ホーム 入居金(一時金)が500万円から1,000万円。入居金が0円のプランもアリ。入居金が1000万円前後の場合、月額費用20~23万円、入居金0円プランの場合は月額費用が30万円以上となることもあります。有料老人ホームの費用は、地域の不動産価格に比例して変動します。また、「手厚い介護体制を取っている」、「看護師が24時間配置されている」など、人員体制による人件費によっても大きな差があります。
 サービス付き高齢者向け住宅(一般型・介護型) 一般的なサービス付き高齢者向け住宅(一般型)と厚生労働省の定める「特定施設」の指定を受けているサービス付き(介護型)の2つのタイプによって費用が変わってきます。一般型は初期費用が数十万円程度で、月額費用が 5~25万円です。一方の介護型の初期費用が、数百万~数千万円、 月額費用が15~40万円です。ただし、この費用以外にも食費や光熱費はなど別途費用がかかります。
 住宅型有料老人ホーム 入居金は0円から数十万円、月額費用 15~40万円(居住費・食費・その他日常生活費を含む)が必要。介護が必要な場合には、外部の介護事業者を利用して、要介護度に応じた介護サービス費の自己負担分をその事業者に支払います。
 健康型有料老人ホーム 入居金(一時金)が0円から数千万円と高額。月額利用料は10~40万円程度です。なお健康型有料老人ホームは一般的に入居金の額が高めに設定されています。
 特別養護老人ホーム 入居金は不要で月額費用のみ必要。介護度によって費用は異なりますが約10万円から15万円前後です。
 グループホーム 入居金は0円~100万円程度、月額利用料は5万円~30万円くらいで内訳は基本料金(家賃)・管理費・食費・水道光熱費などです。その他、オムツなど日用品代、レクリエーション参加費などが必要になります。

 

老人ホームの選び方

老人ホームの種類や特徴、相場をご紹介させて頂きましたが、ここで老人ホームの選び方や契約までの流れをご紹介させて頂きます。
1.入居目的と条件を明確にする
まず最初に入居の目的と条件を明確にします。
家族の介護なのか? 自分の老後・介護なのか? 終身か、それとも一時的な入居か? 予算や場所などを明確にします。

2.情報収集する
幸せな老後を過ごすための土台となるのが住環境です。終の棲家となる有料老人ホームは高額な一時金が必要な場合もあり慎重な検討が求められます。入居してから後悔をしないように予め情報収集に努めましょう。その情報収集となる項目をご紹介致します。
・パンフレット
・施設の事業主
・サービス内容
・利用料金
・重要事項説明書
・入居一時金
・償却

 

危ない有料老人ホームの見分け方チェックリスト チェック
・宣伝が派手である  
・資料請求したときに「重要事項説明書」を送ってくれない  
・開設して2年以上経つのに入居率が50%以下  
・玄関周り、事業所、ヘルパーステーションの整理整頓ができていない  
・匂いがする  
・トイレや廊下など共有スペースが汚れている  
・入居者の表情が暗い  
・職員の対応が悪い  
・スタッフと入居者のやり取り(言葉づかい)が粗っぽい  
・施設長の対応が悪く施設長の交代が頻繁である  
・見学時に施設長が顔を出さない  
・職員の離職率が高い  
・営業マンの説明が不十分、特に料金や返金の説明など  
・基本料金以外の追加料金の項目がとても多い。実費負担について説明がない  
・営業マンが契約や入居を極端に急がしてくる  
・介護度が上がると系列の別の施設に移される  

※「終活の教科書」からの引用です。

 

3.実際に見学をしてみる
比較検討をするために最低3ヶ所ぐらいは見学しましょう。気になった施設は数回足を運び、施設長に会って介護方針などを直接質問してみましょう。そのとき、こちらの希望をどこまで応じてくれるのかを聞いてみると、施設のケアに対する姿勢がわかります。また、見学は昼食時間をはさむようにして昼食を試食させてもらいましょう。メニューや味付けなどの食事内容はもとより、入居者の様子を確認することができます。

4.体験入居をしてみる
入居しても良いと感じた施設があったら、正式な申し込み手続きを進める前に体験入居をオススメします。見学時間以外の様子がつかめます。宿泊代は大半が有料ですができれば2泊以上は体験入居したいものです。

5.正式契約・入居をする
料金や退去時の条件をもう一度確認しましょう。契約後90日以内に死亡または退去したときは、入居一時金が全額返金されます。入居後、気に入らなかった場合は、早めに退去手続きを摂りましょう。

 

知っておこう!有料老人ホームにも「クーリングオフ」はある!

知っておこう!有料老人ホームにも「クーリングオフ」はある!

2012年4月に「老人福祉法」が改正され、有料老人ホームの「クーリングオフ」とも言える「短期解約特例制度」が施行されました。
この「短期解約特例制度」は、気に入った老人ホームに入居してみたはいいが、「実際暮らしてみると思っていた施設とは違った」、「入居者にとって環境が合わなかった」、「入居後すぐ体調を崩して入院した」などの場合に退去し解約するとき、契約日から90日以内であればクーリングオフにより入居一時金が全額返還される制度です。
契約前に重要事項説明書に記載されている「償却期間」や「初期償却」の内容を必ずチェックしておきましょう。

 

オススメの老人ホーム検索サイト「LIFULL介護(ライフル介護)」

オススメの老人ホーム検索サイト「LIFULL介護(ライフル介護)」をご紹介致します。
なぜオススメかと言うと、LIFULL介護(ライフル介護)は、日本最大級の老人ホーム検索サイトで、全国38,000件以上もの有料老人ホーム、高齢者向け賃貸住宅、特別養護老人ホーム(特養)などの施設情報を紹介しているからです。また、月間サイト利用者数は120万人以上と業界最大級です。
気になる施設があれば、無料で資料請求をすることができますのでぜひ一度ご覧下さい。

オススメの老人ホーム検索サイト「LIFULL介護(ライフル介護)」