終活では葬儀社を決めておくことも大切!その選び方をご紹介

昨今の葬儀は、小さなこじんまりとした家族葬や直葬が増えてきています。
というのには、「葬儀に極力お金をかけたくない」など経済的負担から規模の小さいなお葬式へと変わってきています。故人も「家族に迷惑をかけたくない」という理由から、家族を中心とした小規模のお葬式を希望している方が多くなってきています。
また、葬儀の参列者は遺族の仕事関係者が大半でしたが、高齢化に伴い参列者が減少していることも背景にあるようです。
その一方で形式やしきたりにこだわらない「自分らしい葬儀にしたい」と考える人も増加しています。例えば、写真や映像を使った演出に力を入れてみたり、故人が愛した音楽を葬儀会場で流したり、お別れの衣装を生前から準備するなどがあります。
残された家族にとって葬儀は大きな負担の一つです。なぜなら、葬儀社の手配からお金の工面や参列者への連絡などなど悲しみの中様々なことを執り行わなければならないからです。
残された家族に負担をかけないためにも終活で生前から葬儀社や葬儀内容を決めておくことをオススメ致します。そこで失敗しない葬儀社の選び方をご紹介致します。

葬式

小さなこじんまりとした家族葬や直葬が増えている

家族葬

昨今の葬儀は、小さなこじんまりとした家族葬や直葬が増えてきています。
日本消費者協会が行ったアンケートによると、約6割の方が家族葬を希望しており、次いで約2割の方が直葬を希望しています。
また、7割以上の方が葬儀の場所は葬儀センターを希望しています。
背景には、「葬儀に極力お金をかけたくない」など残された家族への経済的負担や、高齢化に伴い参列者が減少していることが背景にあるようです。
ちなみに直葬とは、通夜や告別式などの儀式はせず、自宅または病院から直接火葬場に遺体を搬送し火葬することです。炉前で読経や祈祷が行われることもあります。

 

遺族に負担をかけない葬儀は家族葬だけではない

霊柩車

遺族に負担をかけない葬儀は家族葬だけではありません。他にも直葬や自由葬、生前葬があります。
直葬とは、通夜や告別式などの儀式はせず、自宅または病院から直接火葬場に遺体を搬送し火葬することです。炉前で読経や祈祷が行われることもあります。また、自由葬とは、宗教・宗派にとらわれず故人や残された家族の希望に応じて自由な演出・形式を取り入れた葬儀です。自分が生きている間にする自分自身の葬儀の生前葬があります。
それぞれのメリットとデメリットをまとめましたのでご紹介致します。

葬儀のタイプ メリット デメリット
 家族葬 ・参列者の費用を抑えることができる
・会場が小さくてすむ
・祭壇を小さくできる
・親しい方たちと時間をかけてお別れをすることができる
・小規模でも葬儀費用全体が大幅に安くなるとは限らない
・葬儀の通知する人をどこまでにするのか検討が必用になる
・葬儀終了後、個別にお参りにくる人の対応が大変
・「もっと立派な葬儀にすれば良かった」など、親族から反対の声が上がることがある
 自由葬 ・宗教・宗派にとらわれず故人や残された家族の希望に応じて自由な演出・形式を取り入れることができる。 ・葬儀社によって対応に差がある
・参列者を戸惑わせてしまう可能性がある
・親族から反対される可能性がある
 直葬 ・葬儀費用をおさえることができる ・十分なお別れができない
・お別れをしたいという友人・知人の気持ちを無にする可能性がある
・葬儀終了後、個別にお参りにくる人の対応が大変
・「質素すぎ」など、親族から反対の声が上がることがある

 

自分らしい葬儀にしたいと考える方も増加

小さなこじんまりとした家族葬や直葬が増える一方で、自分らしい葬儀にしたいと考える方も増加しています。
例えば、写真や映像を使った演出に力を入れてみたり、故人が愛した音楽を葬儀会場で流したり、お別れの衣装を生前から準備するなどがあります。
そのため、自分の葬儀プランを考え家族とよく話し合っておくことをオススメ致します。

 

失敗しない葬儀社の選び方

一般葬にするのか家族葬にするのか、または直葬にするのか、個性的な葬儀にするのかなど葬儀のタイプを決め葬儀社を探します。葬儀社にはそれぞれに特徴、得意・不得意がありますので、自分の希望する葬儀の形にあった葬儀社を選ぶことが大切です。
そこで失敗しない葬儀社の選ぶ際のポイントをご紹介致します。
1.事前に明細のはっきりした見積りを出しくれる
2.セット料金の個々の単価を明示してくれる
3.質問に丁寧に答えてくれる
4.希望を良く聞き、希望にそった提案をしてくれる
5.利益の少ない葬儀(家族葬や直葬)を希望しても、丁寧に対応してくれる
6.契約を急がしたり、押しが強かったりしない
7.分かりやすいパンフレットを用意している
8.店舗があり長年営業している
9.施行した葬儀の記録を持っている
10.支払いを急がせない

 

オススメの葬儀社

事前に複数の葬儀社から見積りが取れたり評判の良い葬儀社をご紹介致します。

葬儀社 オススメするポイント
  いい葬儀 1分程度の入力で最大3社から葬儀費用の見積りが取れる
・無料資料請求ができる。
・累計相談数18万件以上の実績
・直葬、一日葬、家族葬、一般葬様々な儀式に対応
・24時間365日電話でも対応
・全国各地に対応
 葬儀レビ 全国約400社の中から最大10社から無料で見積りを取ることができる
・全国各地に対応
・24時間365日対応
・大手や実績、特徴のある葬儀社400社が参加
  小さなお葬式 ・顧客満足度 93.4%
・94.3%の方が「知人に紹介したい」と回答するほど評判が良い
・家族葬が追加料金不要で14万円からの低料金
・依頼件数 累計15万件を突破
・全国各地に対応
  家族葬のファミーユ ・NHKや日経新聞でも紹介された葬儀社
・累計76,000以上の葬儀実績
・全国に66の直営ホールも持ち、1,000以上の斎場を全国の葬儀社と提携
・40万円から150万円までの葬儀プランが6つある
・明確な料金提示
・全国各地に対応

 

 

終活で遺影写真の準備を!遺影写真は故人をしのぶシンボル

終活では、遺影写真の準備も行いましょう。
と言うのも、実際に遺影写真を準備されている方が少なく、集合写真の切り抜きや、着せ替え、ピンボケの写真が大半になっているのが実情です。
葬儀の慌ただしさに紛れて遺影写真の準備は後手になりがちになるからです。
でも、写真に手を合わせてくれる人の気持ちを想像すれば、ピンボケ写真ではちょっと残念ですよね。
そこで、今回は遺影写真の大切さや準備方法についてご紹介をさせて頂きます。
終活で遺影写真の準備を!遺影写真は故人をしのぶシンボル

終活で生前から遺影写真の準備を!

終活では、遺影写真の準備も行いましょう。
と言うのも、葬儀では、式の手配や調整、親族・参列者への対応などで慌ただしく、遺影写真の準備が後手になりがちだからです。
結果、集合写真の切り抜きや着せ替え、ピンボケの写真で済ませてしまうことが大半になってしまっています。
遺影写真には、笑顔の写真を選ぶようにましょう。
くれぐれも証明写真のような表情の写真は選ばないように!
写真に手を合わせてくれる人の気持ちを想像すれば、集合写真の切り抜きや着せ替え、ピンボケの写真ではちょっと残念で複雑な気持ちになってしまいますよね。
遺影写真は、葬儀の後も長いこと家の中や仏壇に飾られる「故人を偲ぶシンボル」です。
ですので、故人を偲ぶことができる写真を準備しておきましょう。

 

自分らしい遺影写真を準備する人が増えている

終活で遺影写真の準備を!遺影写真は故人をしのぶシンボル

最近は、自分らしい1枚を残しておきたいとの思いから、生前に遺影用の写真を準備する人も増えてきています。
「葬儀で祭壇に飾る」、「仏壇に置く」など遺影を使用する場面に応じて服装や表情、ポーズなども違えた写真を用意することもできます。
写真に確実なクオリティを望む場合は、プロのカメラマンに撮影の依頼をしてみましょう。
最近は、ヘアメイクとセットで撮影をしてくれる遺影写真専門のスタジオや出張サービスばどもあります。
値段は、19,800円(税抜)からと意外と安価な値段からあります。
こちらがヘアメイクとセットで撮影をしてくれる遺影写真専門のお店「えがお写真館」です。ご興味があれば一度ご覧ください。

 

準備した遺影写真は家族と共有する

終活で準備した物は、保管先を決めて家族と共有することが大切です。
もちろん、この遺影写真も例外ではありません。
せっかく撮影した遺影写真も、保管先がわからなければ陽の目を見ることはありません。
そこで、保管先におすすめなのが「エンディングノート」です。
透明のクリアフォルダーに遺影写真を入れて挟んでおくと良いでしょう。
写真の裏面には撮影日付の記入もお忘れなく。
デジタル画像の場合は、撮影データを入れた記録媒体を挟んでおきましょう。
最近は、遺影写真データの管理や家族へのメッセージなどを預かる「遺影バンク」といった無料のサービスもあります。
これらを上手に活用し、納得のいく1枚を家族に託しておきましょう。

 

 

終活では延命治療や尊厳死の意思表示を生前からしておく事が大事

万が一、あなたに何かがあった時、家族の大きな負担となるのが「延命措置」です。
なぜなら、「延命措置」は、時間とお金がかかわる大きな問題だからです。
終活で生前の心身が健康なうちから、「どこで」、「誰に」、「どんな医療や介護」をしてもらいたいのかを示しておく必要があります。
その意思表示には、「エンディングノート」や「終末期医療の事前指示書」などを活用します。
場合によっては「尊厳死」と言う選択肢もあります。
今回は、それら「延命措置」についての意思表示や尊厳死についてご説明をさせて頂きます。

終活では延命治療や尊厳死の意思表示を生前からしておく事が大事

延命治療を「望む」・「望まない」は生前から意思表示が必要

終末医療とは、医師から不治の病であると診断がくだされ、それから数週間ないし数ヶ月のうちに死亡が予測される状態になった時、治療よりも患者の心身の苦痛を和らげ、穏やかに日々を過ごせるように配慮する療養法です。
ただ、終末医療を望む場合は、本人の意思表示(事前指示)が必要となります。
本人の意思・事前指示が不明な場合は原則として標準的医療(生命の利益となる延命治療)を実施することになります。
ですので、「突然の病気」や「認知症」などになる前に自分の意思を伝えておくことが大切です。
本人の意思表示を記したものとして「終末期医療の事前指示書」というものがあります。
内容には、「心臓マッサージなどの心肺蘇生法」をはじめ「延命のための人工呼吸器」、「鼻チューブによる栄養補給」などの医療処置に対して「希望する ・希望しない」を本人の希望を書くことができます。
こちらが国立長寿医療研究センターから提供されている「終末期医療の事前指示書」です。
終末期医療の事前指示書

終末期医療の事前指示書

事前指示書の内容と家族の意見が異なる場合、基本的には、この事前指示書に記載されている本人の意思が最優先となります。
しかし、日本での事前指示書は、未だ法的な拘束力がありません。
仮に医療者が事前指示書通りの医療を実施しなかったとしても、法的な罰則はありません。

「終活では延命治療や尊厳死の意思表示を生前からしておく事が大事」の続きを読む…